メインイメージ

Healthy ~食事・運動・健康~

健康ダイエットは食事から

健康ダイエットは食事から~Bonheur~体重を減らすためにダイエットをするなら、健康的なダイエット方法で
効果的にと思うでしょう。

食事量をコントロールしながら体の調子を向上させていきたいものです。
そもそも、ダイエットとは健康のために
体重をコントロールするための制限食を指していました。

どの様なダイエットをすれば、
健康的に食事や食品を制限することができるのでしょうか。

 

ダイエットで食事や食べる食品制限を始めると、どうしても偏った食生活に
なりがちではありますが、健康的に痩せるにはバランスのいいメニューを考えましょう。
ダイエットのために栄養不足になってしまわないように、メニューを決める時には
健康を維持するために必要な栄養素を考えながら食べる量や質を決めましょう。

ダイエット中でも、一回の食事は500calは摂るべきです。
それ以上は減らさず、500calの中で健康維持に必要な分の栄養素は
しっかり摂取できるようにしてください。

1日3食で1,500calを大体の目安にして食事の量を絞りすぎないよう気をつけて下さい。

ダイエット中に1番気になる間食の注意点があります。
できれば食べない方がいいのですが、食べたくてたまらないという場合は、
食物繊維が豊富でカロリーの少ないものにしてください。

間食にお勧めの食材は、こんにゃく類、きのこ、海草、野菜類です。
これらは食物繊維だけでなく、ビタミンなどの栄養素も豊富です。
健康的なダイエットを達成するためには、食物繊維はいい成分です。

カロリーが低く消化が遅いので、腹持ちがよくて腸内の整理もしてくれるのです。

スープ、副菜、おかずにも食物繊維は役立ちますので、
健康ダイエットの助けに使ってください。

カロリーコントロール

丁度良いカロリーを摂取する事をカロリーコントロールといい、ダイエットにとって必要不可欠なものです。
ダイエット効果は、食事習慣や栄養バランスにも配慮することで得られるのではないでしょうか。

カロリーコントロールでは、1日3食きちんと摂取しつつ1日を1200キロカロリーに抑えます。
1200キロカロリーが1日に摂取するカロリーというのは、相当低い数字です。
増減は体調や運動量に合わせて行いましょう。

ダイエット中でも、肉体労働者と事務労働者とでは、1日に必要なカロリーはもちろん異なるものです。
ダイエットを低カロリー食でする場合に注意することがあります。
栄養のバランスに、カロリーコントロールで低カロリーを意識する余り偏りが出ないようにということです。

カロリーコントロール ダイエット~Bonheur~

摂取するのはたんぱく質を中心に、バランス良くビタミンやミネラル、
食物繊維を摂るようにしたほうが良いでしょう。
いつもの食事メニューで、食材を少し工夫するのが、
カロリーダウンのダイエットをお手軽に目指すには良いのではないでしょうか。

カロリーコントロールは、多めにきのこやこんにゃく、海藻などの食材を使うだけでも可能です。
避けたほうが良いのはバラ肉で、代わりに赤身や内臓肉を、
サンマやブリなどの青魚の代わりにはヒラメやタイなどの白身魚がカロリーコントロールには良い食材です。

カロリーコントロールが可能な調理方法としておすすめなのは、炒めものではなく茹でものです。
ダイエットをカロリーコントロールによってするためには、調理時のちょっとした心がけが大切なのです。

Copyright© 2011-2013 Bonheur All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc
Positions by Seo-Watcher